2008/09/25(Thu)

DFBポカール バイエルンgegenニュルンベルク(含kicker評価)

kickerData
■バイエルン
Torwart レンジング(3,5)
オッド(3)、ルッシオ(3)、デミケリス(3)、ラーム(4)、
オットル(3,5)、ゼ(3)、
シュバインシュタイガー(5)、ボロウスキー(3)、
クローゼ(2,5)、トニ(5)
Trainer: クリンスマン

65. リベリ fu:r クローゼ
73. ソサ fu:r シュバインシュタイガー
81. ポドルスキー fu:r トニ

■ニュルンベルク
Torwart R. Scha:fer(2,5)
J. Judt (4), Spiranovic (3,5), Goncalves (4), Pinola (4)
Mnari (4), Perchtold (4,5)
Gygax (4), Mintal (3,5), Masmanidis (5,5)
Charisteas (4)
Trainer: Oenning

46. Engelhardt(4,5) fu:r Perchtold
68. Eigler fu:r Masmanidis
78. Breska fu:r Gygax

Gelbe Karten Perchtold、Pinola

Tore 7' クローゼ(1-0)(Rechtsschuss, Vorarbeit Oddo)
69' ボロウスキー(2-0)(Rechtsschuss, Ottl)

Anstoβ: 24.09.2008 20:30
Stadion: Allianz-Arena
Zuschauer: 65000
Spielnote: 4
Chancenverha:ltnis: 7:4
Eckenverha:ltnis: 4:2

Schiedsrichter: Gra:fe (Berlin), Note 2,5 - ohne gro:βere Probleme in einem u:beraus fairen Spiel.

Spieler des Spiels: クローゼ

■ブンデスのデータ拾い出しに行ったら、この試合の結果が出ていたので。そういやあったっけね……。まだ出張から帰ってきてこっち、色々取り戻せてないかんじがするわ。そしてまだしばらくばたばたして無理だろうなという気がします。
閑話休題。
なもんだから、前回の大敗はさておき勝った試合の結果がみれて少しほっとしたのです。いくら相手が格下とはいえ無事に勝って良かった良かった。

にしてもメンツが違うというかフォーメーションが違うっぽい。4バックになってるし。メンツは動かすにしてもこのほうがいい気がします。
前回、一人で頑張ったボロウスキーもスタメン。彼の場合一番問題なのは怪我だけだと思うので、それさえなければコレもありだと思います。でも怪我が怖いから使いにくいよ。
そしてリベリ復帰!これはホントにめでたいです。更にクローゼが復帰&得点!これもめでたいです。めでたいのが続いたけど大丈夫でしょうか。……結局まだ前回の結果引きずってるわけね私が。ダメそう。

記事クリップ。
FCバイエルン、堂々の16強進出
FC Bayern
ウリ、クリンシ、ラーム、ボロウスキー、オーニング監督のコメント。
posted by sei at 11:20 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用

ブンデス 第5節のベスト11viaKickr

Miller (1)Karlsruhe

Castro (1)Leverkusen
Mertesacker (1)Bremen
Madlung (1)Wolfsburg
Kadlec (1)Leverkusen

Rolfes (2)Leverkusen

O:zil (2)Bremen
Barnetta (2)Leverkusen

Rosenberg (1)Bremen
Helmes (2)Leverkusen ※Mann des Tages
Ibisevic (3)Hoffenheim

■ブレーメンのメンツががんがん来てるだろうと思ったら、三人で済んでた。いや済んでたという人数ではやっぱりない気がするけど。
ただ、どっちかっていうとレバークーゼン勢のほうが目立つなと。どっちかというとというより圧倒的に?5人いるし。そんなにいい試合でしたか。相手ハノーファーみたいだけど。→Bayer Leverkusen - Hannover 96

記事クリップ。
レバークーゼン4−0圧勝2位/ブンデス - 海外サッカーニュース : nikkansports.com

スポーツナビ|ドルトムントがサポーターの行為を謝罪
成金系に関しては世間の目は冷たい……ということで宜しいか。気持ちは分からんでもないんですが、バイエルンファンとしては下手な事言えないので黙っていることにします。バイエルンはまあ、お金あっても堅実運営が売りだから、あんまりお金使わないけど。バレンシアみたいな事されてもかなわんけど。経営破綻だけは避けて下さいホントに。お金の使い方に関しては、プレミアとか見てると凄いし、なんか違うとちょっぴり思ってもしまうけども。

ブンデス バイエルンgegenブレーメン(含Kicker評価)

kickerData
■バイエルン
Torwart レンジング(6)
ルシオ(6), デミケリス(6), ファンブイテン(5)
レル(5), ファンボメル(6), ラーム(5)
シュバインシュタイガー(5), ゼ(4,5)
ポドルスキー(5), トニ(6)
Trainer: クリンスマン

46. オッド (5) fu:r レル
46. ボロウスキー (2) fu:r ファンブイテン
67. ソサ fu:r ゼ

Gelbe Karten デミケリス

■ブレーメン
Torwart Wiese (3)
Pro:dl (5), Mertesacker (2), Naldo (2,5), Boenisch (4,5)
Baumann (3,5)
Vranjes (4), O:zil (1)
Diego (2,5)
Rosenberg (1), Pizarro (1,5)
Trainer: Schaaf

46. Hunt (4,5) fu:r Baumann
70. Sanogo fu:r Rosenberg
77. Niemeyer fu:r O:zil

Gelbe Karten Baumann、Vranjes

Tore 30' Rosenberg(0-1)(Rechtsschuss, Vorarbeit O:zil)
45' Naldo(0-2)(Rechtsschuss, O:zil)
54' O:zil(0-3)(Linksschuss, Diego)
59' Pizarro(0-4)(Rechtsschuss, Rosenberg)
67' Rosenberg(0-5)(Rechtsschuss)
71' Borowski(1-5)(Rechtsschuss, Oddo)
85' Borowski(2-5)(Rechtsschuss)

Anstoβ: 20.09.2008 15:30
Stadion: Allianz-Arena
Zuschauer: 69000 (ausverkauft)
Spielnote: 1
Chancenverha:ltnis: 6:8
Eckenverha:ltnis: 8:2

Schiedsrichter: Kinho:fer (Herne), Note 1 - machte alles richtig. Selbst es nach Baumanns Foul gegen van Bommel bei einer unmissversta:ndlichen Ermahnung zu belassen, war korrekt. Fiel auch nicht auf Faller herein.

Spieler des Spiels: O:zil, Mesut
Ein Knaller in den Winkel zum 0:3, ein Zuckerpass vor dem 0:1, dazu die Vorarbeit zum 0:2, viel Fleiβ und technische Eleganz ? perfekt.

■いつまでも現実逃避してる場合と違うのでデータ拾ってきましたよ。
実際のところ今期に入ってまだマトモに試合を見れやしないので(録画はしてざっと流すのだけど、全然落ち着いて見れないのです。まとめて二時間とれないともいう)いまいち今期のチーム作りが分からないんですが、うまくいってないことだけは分かるよ!ってあたり前か。しかしせっかくGAORAが頑張ってくれてるので、見たい気は満々なのに世の中うまくいかない。おおげさ。
とにかくもこの試合に関しては、まあこんなこともたまにはあるよねってことで終わらせます。更に投げやり。
……しかし、ホームなのに。どこがどうなってこうなってしまったのか分からないけど、ディフェンスも相当ばたばたしてただろうし、攻撃も狂ったまま戻らなかったんでしょう。ボロウスキーが交替で出てきて一人で頑張ってるけど、これもブレーメンが5得点した後だからあっちの気が抜けていたとも言えるし。それでも得点返してるのはめでたいけど。

記事クリップ。
uefa.com - 大敗のショックに揺れるバイエルン
バイエルン不振でカーン氏復帰を独紙提案 - 海外サッカーニュース : nikkansports.com
スポーツナビ|元バイエルンGKのカーン、大量失点のレンシングを弁護
レンジングに関しては、まだまだ気長に見てやんないと無理だと思います。無理。試合感あんまりないんだし。しかもDF陣、みんな自分よりある意味すごく目上でコーチングは出来ないでしょう。そのあたりのバランスが、ある意味悪いねディフェンス陣。そういえば。元々ルッシオ&ファンブイテンは相性悪いし、合間にミーチョがいるとはいえ、レンジングまでどうこうとかいう場所じゃないし。連携とらないとだけどそう簡単にはいかない気がします。そもそも今期システム変わってるし。と考えると、ある程度気長に見ないと無理か……という気はするんだけど、そんな悠長な事言ってる場合と違うわという気も。
実際のところ、歳ではあるから腕のほうは色々とアレなこともありましたが、カーンのコーチングというか指揮力というか、そういうものはでかい、というかでかすぎたので、そう簡単にいない状況でどうにか出来るもんでもない気はします。だからやっぱり気長に見ないとダメかも。監督が替わったのが一番の変動だという気はするけどね。だからシステムも相当変わっちゃってるし。

FCバイエルン、今季初黒星
南北対決のコメント
クリンシ、ベッケンバウアー、ファンボメル、ボロウスキー、シャーフ監督のコメント。

クリンスマン:「FCBはまた立ち上がる」
2得点にも失望「チームとして機能していなかった」
インタビュー: ファン・ボンメル「小さなことが試合を決める」
「自らの道をつくっていくことになる」
クリンシ、カーン、ゼップマイヤー、ファンボメル、ラームの、レンジングに対するコメント。

クローゼとリベリーが戦列復帰
スタメンがポルディだったのでクローゼどうしたんだと思ってたけど怪我だった模様。そしてリベリ復帰!長かった……。大丈夫でしょうか。また怪我しない程度にやって頂きたいと思います。
posted by sei at 10:51 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。