2008/10/30(Thu)

ブンデス 第10節のベスト11 via Kicker

Miller (3)Karlsruhe

Friedrich (1)Leverkusen
Mathijsen (1)HSV
Bordon (2)Schalke

Jarolim (2)HSV
Rolfes (3)Leverkusen

Farfan (1)Schalke
Ribery (2)Bayern

Blaszczykowski (3)Dortmund
Pantelic (1)Hertha
Kuranyi (3)Schalke ※Mann des Tages

■書くことがあるよ!リベリありがとう。というわけでバイエルンからはリベリが続けて選出されてます。流石リベリ。だんだん調子戻ってきたかな。大けがだったからね。
そしてMann des Tagesが、代表で無駄な騒動起こしたクラニーです。出来ないわけじゃないだろうになんか精神的に弱いというか甘えてるというかそういう部分があるんでしょうかねこの人。いい言葉で言うとナイーブ?それはそれでちょっと違う気がした。という話に持っていくと全然関係ない話になってしまうのでこのへんで終わり。

あとは、トップを維持しているレバークーゼンからの選出は二人。そんなに多いってわけでもないね。シャルケ三人のほうが多いか。

何故か今節のニュースをクリップしていないようなので(?)他のサッカーニュースをついでに。なんていいかげんな。
uefa.com - ブレーメン、GKビーゼが1日にも復帰
とりあえずヴィーゼが復帰出来そうなブレーメンですが、まだ6選手無理そうって、どんな状況。厳しい……。

スポーツナビ|気力を失ったヒルデブラント、冬の移籍まではバレンシアに残留
キーパー繋がりで。いやホントに可哀想だなと思いますが、さぼっていても自分の為にはならないので……といっていても気持ちが盛り上がらないのは無茶苦茶分かるし、せっかくスペイン語も覚えて行ったのにタイミングが最悪だったし、ただ、あのタイミングでなければそもそも出番もなかったかもなんたけど、まあ、彼はやっぱりシュツットガルトにいるのがベストだったと思います。今更だけど、それでもまだ言いたいわ。

スポーツナビ|マテウス氏がバラックのドイツ代表監督への態度を批判
おまえが言うな(お約束)。

スポーツナビ|アルゼンチン代表新監督にマラドーナの就任が決定
超不安。大丈夫なんでしょうか大丈夫なんでしょうかアルゼンチン代表。応援しているのに!

スポーツナビ|FIFAが最優秀選手賞の候補23人を発表 スペインから最多の6人が選出
せっかくだからメモ。

ブンデス フランクフルトgegenバイエルン(含Kicker評価)

kickerData
■アイントラハト・フランクフルト
Torwart Nikolov (2,5)
P. Ochs (3), Russ (4), Galindo (3), Spycher (4)
M. Fink (4)
Steinho:fer (3), Toski (4)
Fenin (4,5), Korkmaz (4,5), Liberopoulos (4,5)
Trainer: Funkel

71. Ljubicic fu:r Toski
80. Mahdavikia fu:r Korkmaz
85. Tsoumou fu:r Steinho:fer

Gelbe Karten Toski、Spycher、P. Ochs

■バイエルン・ミュンヘン
Torwart レンジング(3,5)
オッド(4,5), ルッシオ(3), デミケリス(4,5), ゼ(4)
ファンボメル(3)
シュバインシュタイガー(3,5), ボロウスキー(4), リベリ (2)
クローゼ(2,5), ポドルスキー(4,5)
Trainer: Klinsmann

80. Ottl fu:r Podolski

Gelbe Karten オッド、シュバインシュタイガー、リベリ、ボロウスキー、ゼ、レンジング

Tore 55' Demichelis(1-0)(Eigentor, Vorarbeit Steinho:fer)
65' クローゼ(1-1)(Rechtsschuss, Schweinsteiger)
70' リベリ(1-2)(Rechtsschuss, Klose)

Anstoβ: 29.10.2008 20:00
Stadion: Commerzbank-Arena
Zuschauer: 51500 (ausverkauft)
Spielnote: 3,5
Chancenverha:tnis: 4:7
Eckenverha:ltnis: 5:2

Schiedsrichter: Gra:fe (Berlin), Note 1,5 - hatte die bisweilen hektische Partie Partie stets im Griff, auch bei den perso:nlichen Strafen konsequent.

Spieler des Spiels: リベリ
Brauchte etwas, um auf Touren zu kommen, war dann auf dem ganzen Platz unterwegs, leitete das Ausgleichtor ein und vollstreckte beim zweiten selbst.

■……とりあえず勝ったよ……。また逆転だけど。しかもなんかひやひやなかんじだけれども。一応早いとこ取り返したと言ってもいいし、大体得点者全員バイエルン者ですし。ダメじゃんミーチョ。映像見てないからどんなんかまだ分からないんだけど。コレはアレですか、普段基本的には前にいるゼが横にいたもんだから調子狂っちゃって、とかそういう。
そういえばまたゼがSBに入ったままですしボランチ一人なんですけれども、これ、なんか試したかったんでしょうねクリンシは。やめたほうが良さそうだけど。
大体、評価がいいのがリベリとクローゼだけだし。ルッシオ及第点ですが、そういや最近目立たないよね……。地味にCB頑張ってるということでしょうか。それか。それなら仕方ない。

記事クリップ。
フランクフルトもFCBの連勝をストップできず
「ゲームを完全に制した」
クリンシ、シュバ、ボロウスキー、フンケル監督のコメント。
posted by sei at 22:47 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用

2008/10/28(Tue)

ブンデス 第9節のベスト11 viaKicker

Eilhoff (1)Bielefeld

Beck (1)Hoffenheim
Bollmann (1)Bielefeld
Ze Roberto (2)Bayern

Paauwe (1)Gladbach

Carlos Eduardo (1)Hoffenheim
Salihovic (2)Hoffenheim
Ribery (1)Bayern

Obasi (2)Hoffenheim ※Mann des Tages
Gomez (1)Stuttgart
Rangelov (1)Cottbus

■久しぶりにちゃんと書くことがある!……そんなに久しぶりでものいかもしれないけど。
というわけで、バイエルンからはゼとリベリが選出されてます。リベリは怪我して出てなかったし復帰した後も少し調子悪かったから久しぶり。というか今期お初。いい所で得点してるからね。あれがなければ逆転だって厳しかったかもだし。
ゼは二回目。こないだMann des Tagesとって以来。しかもSB選出だし。いや後半確かにそっちをやっていたようですが。いずれにしろトテモめでたいです。
それにしてもホッフェンハイム調子良さそうだこと。まだ遭遇してないんだけど。

記事クリップ。
スポーツナビ|バイエルン、ボルフスブルクに逆転勝利で4位に浮上

ブンデス バイエルンgegenヴォルフスブルグ(含Kicker評価)

kickerData
■バイエルン
Torwart レンジング(2,5)
オッド(5,5), ルシオ(5), デミケリス(4,5), レル(4,5)
ファンボメル(3), ゼ(2)
シュバインシュタイガー(4), リベリ(2)
クローゼ(2), ポドルスキー(5)
Trainer: クリンスマン

46. ボロウスキー(2,5) fu:r オッド
76. オットル fu:r ポドルスキー

Gelbe Karten クローゼ、ボロウスキー、レル

■ヴォルフスブルグ
Torwart Benaglio (3,5)
Riether (4,5), Madlung (4,5), Barzagli (4), M. Scha:fer (3,5)
Josue (4,5)
Hasebe (4), Santana (5)
Misimovic (5)
Grafite (2,5), Dzeko (3)
Trainer: Magath

57. Gentner (3,5) fu:r Hasebe
64. Dejagah fu:r Santana
80. Saglik fu:r Misimovic

Gelbe Karten Barzagli、Santana

Tore 31' Grafite(0-1)(Foulelfmeter, Rechtsschuss, Vorarbeit Dzeko)
33' Dzeko(0-2)(Kopfball, Hasebe)
41' リベリ(1-2)(Rechtsschuss, Schweinsteiger)
54'ファンボメル(2-2)(Kopfball, Klose)
63' ボロウスキー(3-2)(Rechtsschuss, Klose)
80' シュバインシュタイガー(4-2)(Linksschuss, Klose)

Anstoβ: 25.10.2008 15:30
Stadion: Allianz-Arena
Zuschauer: 69000 (ausverkauft)
Spielnote: 2
Chancenverha:ltnis: 8:7
Eckenverha:ltnis: 2:3

Schiedsrichter: Drees, Dr. (Mu:nster-Sarmsheim), Note 4 - die Elfmeterentscheidung war okay, dafu:r ha:tte er das 1:2 als aktives Abseits werten mu:ssen, als Podolski Benaglio die Sicht auf Ribery nahm. Und: Ha:tte er seine Linie konsequent durchgezogen, dann ha:tte er Lell Gelb-Rot zeigen mu:ssen (89.).

Spieler des Spiels: ゼ
Schon vor der Pause noch der beste in einer ma:βgen Bayern-Elf, danach als Linksverteidiger stabil und als Ankurbler nicht zu bremsen.

■もう次の試合の時期ですよ!というわけで大慌てで拾い出してるとか秘密。というか昨晩出来なかっただけなんだけど。というか今気づいたけど、前回のCLの結果拾い出してないし!しまった。バイエルンだけ拾い出して満足してました。

ともあれブンデスのほう。
何この乱打戦。そのせいでしょうか、守備陣の評価が無茶苦茶です。皆、もうちょっと頑張らないと。メンツは、守備陣は変わらないし他も殆ど変わらないのに。FWが違うだけでしょ。というかトニはどうしましたか。怪我?
とはいえヴォルフスブルグのほうもたいがいです。攻撃陣がまずまずな程度。わりとダメダメ試合でしたでしょうか。試合評価2だから面白かったんだろうけども。
でもいいや、ゼがMOMだし。シュバも相変わらずいいみたいだし。クローゼのアシスト3連発も凄い。いいところはいい、かんじ?

記事クリップ。
FCB、トーニ抜きでヴォルフスブルク戦へ
……そういえば、そんな記事を見たような記憶も……。

バイエルン、ヴォルフスブルク戦逆転勝利
逆転勝利のコメント
クリンシ、ファンボメル、レル、マガッチのコメント。

「今がFCバイエルンでは全盛」
ゼインタビュー。データを見るとオッドを前半で下げているんでSBどうしたんだろと思ってはいたけど、ゼが下がったんだ!なるほど。それで得点がとれるようになったと。そういや4得点のうち3得点後半だし。

バイエルン、上位に浮上
11位から4位ってのはまた一気にあがったなあ。まだまだどんぐりの背比べってとこ?しかし私はこの時期順位表をマトモに見ないので(バイエルンの記事で一位!一位!とか叫んでいる場合には、そのデータで知っていることがあるくらい)そんなに下だったとは知りませんでした。最初の出だし悪かったもんね……。

リベリー、猛追の起爆剤
そういや今期初ゴールでしたか。まあ怪我で出番少ないしね、まだ。でもとてもいい所で得点しているのは確か。流石。


試合を見ながら追記。
・最初のヴォルフスブルグの得点、PKって、ミーチョが与えちゃったヤツだったのね。そりゃ評価も下がるわ。ボールにいっているようにも見えるけど、PA内なら仕方ないと思います。
でも二失点目はどうのよ。なんかばたばたしているうちに入れられたというか。ちょっとどんくさくてよ。長谷部のクロスにしてやられている場合と違います。

・そして一得点目は、スローインからシュバが胸で落としてリベリが持ち込んでゴール。流石リベリ、ってかんじ。明らかにここで空気が変わったというかちょっと落ち着いたかな。守備陣が、特に。

・ポルディ→ゼのシュートはなかなかGOOD。ベナーリオの足に当たって入らなかったけれども。惜しい。

・二得点目はクローゼが頑張ってシュートにいった所をベナーリオに止められて、それで浮いたボールをファンボメルがヘッドでふわっとシュート。これがそのまま無人になっていたゴールに入ったというかんじ。やるなあ。

・三得点目はゼ→クローゼがちょっと触って→こぼれたかんじのボールをボロウスキーがゲット!というかんじで、なかなか良し、というか、ゼのSBが生きてます。ただ、ヴォルフスブルグのほうもたいがいなかんじが。流石にこの後選手交代してきましたが。

・78'あたりにあった相手のシュートは、レンジングが冷静に止めてくれて一安心。イヤなかんじのバウンドしたから。あれでファンブルとかされたら泣いちゃうけど。

・その直後です、4得点目。ゼのセンタリングがが素晴らしいのです!ゼ→クローゼのヘッド→シュバの左足でした。

・更に立て続けてオットルのシュート。ポストでした。惜しい惜しい。フリーだったのに。クローゼからのいいパスが出てました。もうノリノリ。

・ただ、特にヴォルフスブルグが守備一辺倒というわけでもなく動いているので、そういう意味では面白いかなこの試合。結果知ってて安心して見ている、ってのもあると思うけど。ヴォルフスブルグは今のってるチームだからね。


オマケ。
途中で入ったので今度こそ忘れずにメモっておこうかと思います。
GAORA、意外なことをして下さっているというか、オフィシャルグッズの通販をしてくれているのよね。面白いことするわね。というわけで↓。
http://shop.spora.jp/top/search/asp/list.asp?s_cate2=32#
とはいえ、来日してくれる時にその場で買い込んでしまっているので今欲しいものは私的にはないんだけれども。感謝をこめて何か買いたいと思ったんだけれども本気で何もないわね。持っているものはいくつかあります。秘密ですが。そのうちの一つはそういえは日常かなり持ち歩いているよ。
posted by sei at 22:20 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用

2008/10/22(Wed)

CL バイエルンgegenフィオレンティーナ(含Kicker評価)

kicker Data
■バイエルン
Torwart レンジング(2,5)
オッド(4,5)、ルッシオ(4)、デミケリス(3)、ラーム(3)、
ファンボメル(4)、ゼ(2,5)、
シュバインシュタイガー(2)、リベリ(3,5)、
クローゼ(2)、トニ(3)
Trainer: クリンスマン

46. レル(3,5) fu:r ラーム
57. ポドルスキー(4) fu:r トニ
65. ボロウスキー fu:r シュバインシュタイガー

Gelbe Karten オッド、リベリ

■フィオレンティーナ
Torwart S. Frey (2)
Zauri (4), Gamberini (4), Dainelli (4), Vargas (5)
Felipe Melo (2)
Kuzmanovic (3), Montolivo (3)
Santana (4), Mutu (2), Gilardino (4)

65. Jovetic fu:r Santana
74. Gobbi fu:r Vargas

Gelbe Karten Kuzmanovic、Dainelli、Gobbi

Tore 4' クローゼ(1-0)(Rechtsschuss, Vorarbeit Toni)
25' シュバインシュタイガー(2-0)(Linksschuss, Ribery)
90' ゼ (3-0)(Linksschuss, Demichelis)

Anstoß: 21.10.2008 20:45
Stadion: Allianz-Arena
Zuschauer: 66000 (ausverkauft)
Spielnote: 1,5
Chancenverhältnis: 8:7
Eckenverhältnis: 4:10

Schiedsrichter: Benquerenca (Portugal), Note 4,5 - verdarb sich den eigentlich guten Gesamteindruck mit drei Fehlern. Entschied bei Klose (45./+1) zu Unrecht auf Abseits und nahm Bayern damit ein Tor, Dainelli hätte Rot statt Gelb sehen müssen (64.), Vargas nach Foul an Borowski zwingend Gelb (67.).

Spieler des Spiels: シュバインシュタイガー
Ein technisch perfektes Tor zum 2:0. Spielfreudig, dazu enorm engagiert. In dieser Verfassung aus dem Team nicht wegzudenken.

■やったー!というわけで、なんかとてもとても久しぶりな気がする快勝の試合だった模様。相手、フィオレンティーナなのに。トニは大丈夫だったんでしょうか。っていうか彼ここんとこ得点してないような。そういえば。
といっても、記事見ると相当やばかった模様なので、守備陣が頑張ったんでしょうか。試合結果だけ見ると完勝以外の何者でもないのに。
ともかく最初のクローゼの得点時間がスバラシイと思います。前回の得点からのってきてくれてるといいんだけど。クローゼは当たり出すとけっこう行くから、と思うんだけど。
メンツもカールスルーエ戦と同じかな?落ち着いてきたかな。DFラインもちっとまともになったし。だから3バックは合わないってのに。ラストのだめ押し得点がミーチョ→ゼのもトテモ嬉しいです。シュバが二得点目をとってるのも良。
それから、交替がそれぞれなかなか早いんですけど、やばかったのかな?レルは良かったっぽいけど。

……とりあえず評価待ちかな。記事もまだそんなに出揃ってないっぽいし。オフィシャルのは出てるしAFPのも出てるけど。って単にUEFAのが出揃ってないだけかそれって。他チームのをまとめて拾えないだけってことかなソレは。

追記・評価追加しました。あんまり良くもない気がします。でも、レンジングの評価が高いのは悪くない。少しずつでいいから良くなっていって欲しいなと思います。

記事クリップ。
uefa.com - トニ、古巣との対戦に複雑な心境
「トーニのモチベーションはとても高い」
フィオレンティーナ、FCBを苦戦させる
FCB、決勝Tに向けてまた一歩前進
クリンスマン:「これを続けていくつもりだ」
ベッケンバウアー、クリンシ、クローゼ、シュバインシュタイガーのコメント。
posted by sei at 10:38 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用

ブンデス 第8節のベスト11viaKicker

Miller (2)Karlsruhe

Friedrich (1)Hertha
Geromel (2)Ko:ln
Ho:wedes (2)Schalke

Jarolim (1)HSV

Blaszczykowski (2)Dortmund
Salihovic (1)Hoffenheim ※Mann des Tages

Misimovic (1)Wolfsburg

Obasi (1)Hoffenheim
Ibisevic (5)Hoffenheim
Pizarro (2)Bremen

■特に書くことないよ!最近こればっかり。
カールスルーエのGKミラーが選出されてるじゃないよってところで、そうか相手GKが良かったのねってことはそれなりに攻めていたんだと安心した……とも言い難いけど、そう感じたくらいかな。
あとは、ピサロが選出されてて調子よさげなのが嬉しいです。見る機会ないんだけどまだ。せっかくGAORAで放送してくれてるのに……。バイエルンTVは時々見るんだけど、試合のほうはなかなかチェック出来ない事が多いです。
録画しないと見れない→録画する→録画してあるんだからいつでもいいかも→Tvでやってる他のものを優先する→そして次の試合が溜まってもう見ない
という、よくある悪循環に陥ってる気が。気のせいじゃないけど。

ブンデス カールスルーエgegenバイエルン(含Kicker評価)

kicker Data
■カールスルーエ
Torwart M. Miller (2)
Celozzi (3), Sebastian (3), Franz (3,5), Eichner (4)
Mutzel (2), Porcello (3,5)
Freis (4), da Silva (5), Iashvili (3,5)
Kennedy (5)
Trainer: Becker

72. Kapllani fu:r Kennedy
79. Aduobe fu:r Mutzel
85. Carnell fu:r Iashvili

Gelbe Karten Freis、Mutzel、Eichner

■バイエルン
Torwart レンジング(3)
オッド(3), ルッシオ(3), デミケリス(2,5), ラーム(3)
ファンボメル(3), ゼ(4)
シュバインシュタイガー(3), リベリ(4)
トニ(4,5), クローゼ(3)
Trainer: クリンスマン

40. ポドルスキー(3,5) fu:r トニ
59. ボロウスキー(4) fu:r リベリ
89. クロース fu:r クローゼ

Gelbe Karten リベリ、ファンボメル

Tore 86' クローゼ(0-1)(Rechtsschuss, Vorarbeit Oddo)

Anstoβ: 18.10.2008 15:30
Stadion: Wildparkstadion
Zuschauer: 30500 (ausverkauft)
Spielnote: 3
Chancenverha:tnis: 3:5
Eckenverha:ltnis: 3:7

Schiedsrichter: Meyer (Burgdorf), Note 2 - seine Strategie, Gelbe Karten fru:h zu zeigen, ging auf. Lag zudem richtig damit, Tonis Tor wegen Abseits abzupfeifen (5.). Millers Handspiel ganz knapp auβerhalb des Strafraums (43.) war extrem schwer zu erkennen.

Spieler des Spiels: Mutzel, Michael
Ganz stark im defensiven Mittelfeld. Gewann viele Zweika:mpfe, setzte daru:ber hinaus Akzente fu:r das Offensivspiel.

■代表ネタその2が拾い出せないまま元に戻るのはどうかと思ってたんだけど、出かけていたのでもうどうしようもない。出かけている間に一度更新してるけどそれでも無理でした。選手の皆さんも忙しいねそう考えると。というかハードスケジュールすぎでは。でも慌てないと、CLもあったし。一週間出た上に、出ていたからってこっちの人達に張り付かれるとどんどんスケジュールがおしてえらい目に遭うね。それはそうか。
という関係ない話はさておき。最近よく分かんない愚痴みたいなのが多い。スイマセン。落ち着いて色々な事が出来なさすぎて気がたつのね多分。

というわけでブンデスの試合ですが、久しぶりの勝利です。なかなか内容はしょぼいっぽいですがそれでも勝利は勝利なのでめでたいです。良かった良かった。相手、カールスルーエだけど。しかもぎりっぎりのゴールだけど。クローゼが決めてるのはめでたいけど、トニがヘンなタイミングで交替してる気がするんですが……怪我でもした?記事見てこないと。
にしても評価が低い低い。低いっていうか平均点というか、ミーチョだけなんですが評価高いの。どんな試合したのコレ。

記事クリップ。
クローゼ、試合終盤に決勝弾
ヘーネス:「われわれは戦い抜いた」
ウリ、クリンシ、ファンボメル、ベッカー監督のコメント。

ヘーネス確信「浮上の契機」
トーニ、欧州CL出場危ぶまれる
トニの怪我(?)はコレですか。結果大丈夫そうだから良かったけど。
posted by sei at 09:59 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。