2008/09/29(Mon)

ブンデス ハノーファー96gegenバイエルン(含Kicker評価)

kickerData
■ハノーファー96
Torwart Enke (3)
Cherundolo (4), Vinicius (3), Fahrenhorst (2,5), Rausch (3,5)
Balitsch (3), C. Schulz (3)
Stajner (5,5), Schlaudraff (3), Huszti (3)
Forssell (4)
Trainer: Hecking

77. Hanke fu:r Forssell
90. Lala fu:r Huszti
90. + 2 Krebs fu:r Stajner

■バイエルン
Torwart レンジング(4,5)
レル, デミケリス(2,5), ブレーノ(3), ラーム(3)
ファンボメル(3,5), オットル(4)
ソサ(4,5), ボロウスキー(5)
クローゼ(4), トニ(5)
Trainer: クリンスマン

14. オッド (3,5) fu:r レル
46. リベリ (3,5) fu:r ボロウスキー
64. ポドルスキー fu:r オットル

Gelbe Karten デミケリス

Tore 23' Huszti(1-0)(direkter Freistoβ, Linksschuss)

Anstoβ: 27.09.2008 15:30
Stadion: AWD-Arena
Zuschauer: 49000 (ausverkauft)
Spielnote: 4
Chancenverha:ltnis: 4:4
Eckenverha:ltnis: 4:4

Schiedsrichter: Kircher (Rottenburg), Note 3,5 - lag richtig bei der schwierigen Entscheidung, den Zweikampf zwischen Breno und Schlaudraff nicht als Foul und Notbremse zu werten (83.), u:bersah zuvor jedoch das Zupfen Brenos gegen Forssell, der frei durchgewesen wa:re (72.). Entschied bei 96 zu Unrecht auf Abseits (58., Stajner war passiv), ha:tte Cherundolo nach Foul an Ribery verwarnen mu:ssen (74.).

Spieler des Spiels: Fahrenhorst, Frank
Stark im Zweikampf, kaum Fehler, guter Aufbau: Toni und Klose hatten einen schweren Stand gegen ihn und Nebenmann Vinicius.

■えー…。特に何も語ることはないです。二連敗はちょっとどうかと思うけどね本当のところ。いくらメンツ適当に落としているからっていっても不甲斐ないです。ただ、守備陣の評価は悪くないんで、得点力がなかった、ってヤツでしょうか。よく分かんないけど。
ところでレルは、こんな時間帯の交替ってことは負傷退場?大丈夫でしょうか。記事探してみますか。

というわけで記事クリップ。
FCバイエルン、今季2敗目
レルがパスをした後に太ももの肉離れを患った
ここにくらいしか書いてないかも。とりあえず肉離れの模様。

クリンスマン「全く必要のない敗戦」
ウリ、クリンシ、ラーム、ヘッキング監督、エンケのコメント。エンケのってのは珍しい。

ブレーノ、才能の片鱗をみせた「ミスのないプレーだった」
ブレーノベタ褒め記事?彼がいい成長をしてくれることを、とても祈ります。

バイエルンの苛立ち
posted by sei at 22:15 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107335462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。