2006/07/12(Wed)

Wcup2006 グループリーグリスト

決勝トーナメントはこっち

※「Kicker評価」がないものは、試合Reportと一緒になっています。

groupA groupB groupC groupD groupE groupF groupG groupH
国旗アイコンはこちら↓からお借り致しました(※除イングランド)。
areastudy.net
posted by sei at 03:00 | W杯2006 | 管理用

3位決定戦(+α)Fotogalerieリンク集

ゴシップニュースでW杯カテゴリの最後を飾りたくないので(といってもまたトップにリストがいくように操作しますが。ウッカリしてた)、何かをどうにかしよう、という事で写真漁ってみました。決勝の写真はガッちゃん拾いに費やしてしまったので、3位決定戦のほうで。ちょっと手抜きですが。

ただそれだけのものなのでロクでもないです
posted by sei at 02:33 | TrackBack(0) | W杯2006 | 管理用

2006/07/11(Tue)

W杯ゴシップニュース(?)

正直まあどうでもいいやとか思っているところもあるんですが。

頭突き一発退場で幕…ジダンに何が?
コレ写真がいいのよね。試合で見ていたときも思ったけど。というかあっちのほうが象徴的だったかな。本人は相当つらいだろうなと思いつつ、撮る側の立場でウッカリ、これはおいしい、とか思っていたことはものすごく秘密です。

ジダン、近日中に真相を発表=W杯
マテラッツィ「ジダンにテロリストだなんて言っていない」=W杯
「テロリストと言ってない」 ジダン頭突き事件で伊選手
マテラッツィを擁護しようという気はさらさらないんだけど、やっぱ暴力はいかんのです、というかルールがあってそれに従った結果なんだから細かい内容は下手に言わないほうがいいんじゃないかとか、思わないでもないです。ジダンだから、なんだろうけど。
しかし「彼をテロリストと呼んでいない。私は無知で、その言葉の意味すら知らない」ってのは、マテラッツィならあり得る、と思ってしまいました。

スペインメディア「イタリアが勝ってジダンが負けた」=W杯
シンプルで分かりやすいスペインのメディアの皆さん。ジダンに対しては愛着はあるんだろうけど、やっぱやっちゃなんないことはなんないという、それはそうだね。

伊優勝で揺れる世論 名門ユベントスの不正疑惑
しかしイタリアはイタリアで大変なんだった。
恩赦っていうのは違うだろうと思いますが。多分選手は悪くないんだろうと思う、けれども、そういう問題じゃないから。別問題だから。きちんと処罰はされたほうがいいんじゃないかな。選手は移籍って手もあるんだし。それもつらいか。

ちょっと古いけど。
ルーニーが2試合の出場停止
ルーニーは、オールド・トラフォードで行われる9月2日のUEFA EURO 2008(TM)予選グループEのアンドラ戦と、6日に行われるマケドニアとのアウエー戦に出場できない。
こっちの影は薄くなった気がしますが、それは別にいっか。それより優勝のイタリアの話が少なくなったのが問題って気もします。スキャンダルのほうが人々は食いつきますか。決勝の試合がちょっと退屈だったせいもあるかもだけど。

ついでに
アルゼンチンのレアンドロ・クフレとマキシ・ロドリゲスに対しても、それぞれ4試合、2試合の出場停止処分を下した。
だそうで。ドイツのほうはフリだけで済んでるんですかね。まだその後沙汰があるとか言ってたけど保留になったままな気も。出場停止はアレで済んで、後は罰金とかかな。試合自体は痛い時に出られなかったし。いくら猫パンチでも手出しちゃダメなんだよって話でした。それはそうだ。

更についでに一個だけ普通のネタ。
イタリア、世界王者の採点表
総合評価っていうのも面白いなと。
posted by sei at 18:31 | TrackBack(0) | W杯2006 | 管理用

2006/07/10(Mon)

W杯2006 各賞色々

クローゼがアディダスゴールデンシュー賞に輝く
めでたい!とてもめでたい。5得点っていうのは少ないみたいですが、彼の場合他の貢献度もプラスして考えたいくらいだからホント良かった。
2位はクレスポ。彼も好きだから嬉しい。こういう計算するんですね、とか思ったけど。今まであんまり2位以下は気にした事なかったから。ゴメン。
あっそうか、だからBEST23に入ってるんだクレスポ。数字出てるんだもんね。ゴメン。ホントに好きなんですかとか言われそうだし。

Yahoo! ベスト・エンターテイニング・チーム賞:ポルトガル
読者投票の賞ですが。やっぱフィーゴとクリロナのドリブルでしょうか。エンターテイメントを考えるのはなかなかに難しいところではあると思うけど。

レフ・ヤシン賞:ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)
文句なし。ここしばらくあんなに色々あって、怪我の関係もあって色々と宜しくない状態だったのに、普通に立て直してきちんとプレーしていたのが凄い。大体直前に事情聴衆までされてるのに。あれでブッフォンは終わってしまったかと思ってたし。

ブラジルがフェアプレー賞 ベストGKは伊のブフォン
ちょっと上記と被ってしまってるけど。
しかしブラジルはまだしも、スペインがコレをとれる日が来るとは。ってことは大人しかったってことですか。それはそんな気がしないでもない。

アディダスゴールデンボール賞:ジネディーヌ・ジダン(フランス)
思っていた通りの結果。
ただ、あの後知ったんだけれども、今回からMVPの投票締め切りが遅くなったとかで、決勝の後に投票出来たらしいので、それがとても微妙。あの試合の後のMVPは流石にどうだろと思ってしまうんでした。MVPの意味が違うのかも。きっとそう。

アディダスシルバーボール賞:ファビオ・カンナバーロ(イタリア)
アディダスブロンズボール賞:アンドレア・ピルロ(イタリア)

追記。
2006年ドイツ大会:受賞者、受賞チーム一覧
FIFAフェアプレー賞-ブラジルとスペイン
アディダスゴールデンボール賞-ジネディーヌ・ジダン(フランス)
アディダスゴールデンシュー賞-ミロスラフ・クローゼ(ドイツ)
ジレットベストヤングプレーヤー賞-ルーカス・ポドルスキ(ドイツ)
レフ・ヤシン賞-ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア)
Yahoo!ベスト・エンターテイニング・チーム賞-ポルトガル
マスターカード・オールスターチーム-イタリアが最多
posted by sei at 23:00 | TrackBack(0) | W杯2006 | 管理用

決勝 イタリアgegenフランスKicker評価

KickerData
■イタリア
ブッフォン(2.5)、
ザンブロッタ(3.5)、カンナバーロ(2.5)、マテラッツィ(2.5)、グロッソ(3)、
カモラネージ(4.5)、ガットゥーゾ(2)、ピルロ(3.5)、ペッロッタ(4.5)、イアキンタ(4.5)、
トッティ(5)、デロッシ(3.5)、デルピエロ(5)、
トニ(4)

■フランス
バルデズ(3.5)、
サニョル(3)、テュラム(3)、ギャラス(2.5)、アビダル(4)、
マケレレ(3)、ヴィエラ(3.5)、ディアラ(3.5)、
リベリ(4)、ジダン(5)、マルーダ(4)、
アンリ(2)

Anstoβ: 09.07.2006 20:00
Stadion: FIFA WM-Stadion Berlin
Zuschauer: 69000 (ausverkauft)
Spielnote: 3,5
Chancenverha:ltnis: 3:6
Eckenverha:ltnis: 5:7

Schiedsrichter: Elizondo (Argentinien), Note 2,5 - er benachteiligte keine Mannschaft, bekam das Spiel dank der schnellen Verwarnung gegen Zambrotta in den Griff. Bei beiden strittigen Szenen entschied er fu:r den Angreifer, Zidanes Platzverweis war korrekt.

Spieler des Spiels: アンリ
Beweglich, agil, suchte immer wieder den Weg zum Kasten. War der gefa:hrlichste Franzose und hatte drei groβe Torszenen.

■Kicker今日仕事早いし。いつ出たのか分からないけど少なくとも昨日よりはかなり早い。
ちょっとびっくり、というかウッカリ感動したのが、イタリアで一番評価高いのがガッちゃんで、アンリと並んでいることかな。FWで、得点してないのにMOMっていうのもちょっと微妙かなと思わないでもないんだけど、でもアンリ頑張ってたし。あれだけジダンと合わないのに結局他使ってなんとかしようとしてたし。
とはいえやっぱガッちゃんの2評価が嬉しい私でした。試合内容が微妙だったせいか、評価も全体的に色々と微妙だけど。
で、主審評価は2.5。よくバランスとったね、って話っぽいかな。

■BUDWEISER MOM…ピルロ
これはこっちのほうが理解しやすいかな。コーナーキックがとても良かったっていう話でしょ。SIMPLEな理由だけど。Kicker評価は低いけど。そしてそっちの理由も分かるけど。

ITA-FRA(マッチ64):選手コメント
何故かガッちゃんのコメントから入っているのがいいかんじ。

7月9日総括:イタリアが世界制覇、ジダンは悲しき最後

賞関係は別記事にします。
posted by sei at 19:49 | TrackBack(0) | W杯2006 | 管理用

決勝 イタリアgegenフランス

KickerLiveTicker YahooLiveTicker
■イタリア
Torwart ブッフォン
グロッソ、カンナバーロ(cap) 、ザンブロッタ、マテラッツィ
ガットゥーゾ、ピルロ、
トッティ、カモラネージ 、ペッロッタ、
トーニ

60'デロッシfu:rトッティ
60'イアキンタfu:rペッロッタ
85'デルピエロfu:rカモラネージ

Gelbe Karten ザンブロッタ(ヴィエラへのファウル)

■フランス
Torwart バルテズ(→cap)
アビダル、ギャラス、テュラム、サニョル、
ビエイラ、マケレレ、マルーダ 、ジダン(cap) 、リベリー
アンリ

56'ディアラfu:rヴィエラ(怪我)
100'トレセゲfu:rリベリ
115'ヴィルトールfu:rアンリ

Rote Karten 121'ジダン(Ta:tlichkeit)
Gelbe Karten サニョル(グロッソへのファウル)、ディアラ(抗議)、マルーダ(抗議)

Tore 7'ジダン(0-1)(Foulelfmeter, Malouda)、
20'マテラッツィ(1-1)(Kopfball, Pirlo)
5PK4

Report
posted by sei at 06:09 | TrackBack(0) | W杯2006 | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。