2009/02/19(Thu)

ブンデス ヘルタベルリンgegenバイエルン(含Kicker評価)

kickerData
■ヘルタベルリン
Torwart Drobny (1,5)
M. Stein (3), A. Friedrich (2,5), Simunic (2), Rodnei (3,5)
Dardai (3), Nicu (3)
Ebert (2,5), Babic (4)
Raffael (2,5), Voronin (1,5)
Trainer: Favre

87. Cufré für Rodnei
90. Domovchiyski für Voronin
90. + 2 Chermiti für Ebert

Gelbe Karten Raffael、Dardai

■バイエルン
Torwart レンジング(3,5)
レル(5,5), ルシオ(4), デミケリス(4), ラーム(3,5)
ファンボメル(4), ゼ(3)
シュバインシュタイガー(4,5), リベリ(3,5)
クローゼ(3), トニ(4,5)
Trainer: クリンスマン

35. ドノバン(4) für トニ
58. ボロウスキー (4,5) für レル

Tore 38' ヴォロニン (1-0)(Kopfball, Vorarbeit Ebert)
61' クローゼ (1-1)(Kopfball)
77' ヴォロニン (2-1)(Rechtsschuss, Raffael)

Anstoß: 14.02.2009 15:30
Stadion: Olympiastadion (Berlin)
Zuschauer: 74244 (ausverkauft)
Spielnote: 3
Chancenverhältnis: 4:7
Eckenverhältnis: 2:6

Schiedsrichter: Meyer (Burgdorf), Note 2 - wirkte angenehm unaufgeregt und ließ viel laufen, bewies dabei stets Präsenz und entschied in den wenigen brenzligen Situationen jeweils richtig.

Spieler des Spiels: Drobny, Jaroslav
Hielt Berlin gegen Donovan zweimal mir bravourösen Paraden im Spiel (54./71.), als Ruhepol souverän in der Luft wie am Boden.

■負けてどうする!何やってんのよ!という気に、すごくなった!(ある意味当たり前) これは駄目かも分かりません、と弱気になるくらいには色々アレだわ全くもって。確か皇帝もへこんだコメント出していたと記憶しています。もう優勝候補じゃないねーとかそういうの。今の上位陣であればちいいチーム並んでるもんね。ま、それ以前に、こんなとこでこんな負け方しててどうすんのよと思います。試合見てないんだけど。まだ出張中なので。
とりあえずデータ見る限りでは、守備陣だめだめ、攻撃は相手GKに止められまくり、というかんじ?トニは怪我でしょうか。なんか半端な時間帯に交代してるし。切ない。後で記事あさってきます。

あと、直接関係ないけと、この時期はいつもNBAオールスターの話を書くんですが、そんなわけで出張中にあたってしまったので生が見れませんでした。一応録画で見る予定ではあるけど、いつものティッカー風なのを書く意味がないので、今回はパスということで。ま、残念といえば残念。結果を知っている今となっては、これならまあどっちでもいいといえばいい。ゴメン。

記事クリップ。
「最後のひらめきが欠けていた」
ウリ・ヘーネス、クリンシ、ディーター・ヘーネス、ファブレ監督のコメント。

FCB、首位奪取を逃す
バイエルン、自己批判:「自分たちに責任がある」

アキレス腱炎症 トーニ、ケルン戦出場危ぶまれる
元々あんまり調子よくなかったっぽい。悪化させないように願います。

ポドルスキー、カムバック前 クリンスマン:「彼にはチャンスがある」
いつだってけっこうチャンスはあるしあったと思うのだけど(トニもクローゼも細かい怪我少なくないし)、彼がそれをものにしてきてないだけの話という気も……。

首位、ポドルスキーおよびゼについて語るFC Bayern
ゼもファンボメルも無事に契約延長しそう?
posted by sei at 14:39 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用

2009/02/10(Tue)

ブンデス バイエルンgegenドルトムント(含Kicker評価)

kickerData
■バイエルン
Torart レンジング(3)
レル(4), ルシオ(3), デミケリス(4), ラーム(2,5)
ファンボメル(4), ゼ(2,5)
シュバインシュタイガー(4,5), リベリ(2)
クローゼ(2,5), トニ(4)
Trainer: クリンスマン

72.ハミト・アルティントップ für シュバインシュタイガー
72. ドノバン für トニ
90. + 2 ボロウスキー für クローゼ

Gelbe Karten レル

■ドルトムント
Torwart Weidenfeller (2,5)
Owomoyela (4), Felipe Santana (5), Subotic (5), Y.-P. Lee (3,5)
Tinga (4,5)
K.-P. Boateng (4), Kringe (4)
Hajnal (3,5)
Valdez (2,5), Frei (4,5)
Trainer: Klopp

46. N. Sahin (3) für Tinga
74. Zidan für Frei
83. Kehl für Kringe

Gelbe Karten Hajnal、Weidenfeller、K.-P. Boateng

Tore 2'  バルデズ(0-1)(Linksschuss, Vorarbeit Hajnal)
24'  ゼ(1-1)(Linksschuss, Ribery)
88'  クローゼ(2-1)(Rechtsschuss)
90+2' クローゼ(3-1)(Rechtsschuss, Ribery)

Anstoß: 08.02.2009 17:00
Stadion: Allianz-Arena
Zuschauer: 69000 (ausverkauft)
Spielnote: 2,5
Chancenverhältnis: 16:5
Eckenverhältnis: 11:2

Schiedsrichter: M. Kempter (Sauldorf), Note 3,5 - grundsätzlich nicht schlecht. Beim Handspiel von Lucio nicht auf Elfmeter zu entscheiden, war vertretbar (20.), übersah jedoch Zé Robertos Abseitsstellung beim 1:1.

Spieler des Spiels: リベリ
Wieder mal der fleißgste und beste. Immer unterwegs, zeigte seine Extraklasse auch im Zentrum. Keiner bereitete mehr Chancen vor.

■結果だけ知ってたからラストのほうで一気に得点したクローゼがMOMかと思いきや、MOMはリベリでした。アシストが偉大だったんでしょうか。それか。ゼの得点もリベリのアシストだし。
しかし始まった直後に事故があったようですねコレ。ミーチョの採点悪いし、なんこそのへんでありましたか。どうなんだろ。
採点といえば、ヴァイデンフェラーの採点が良いので、これは皆さんが止められまくったとかそういうことなのかな。そんな気が。ストでクローゼが一気にとってるとはいえ、トニもシュバも採点すごく悪いしドノヴァンとハミトに交替させられてるし。そういやハミトはやっぱりまだなかなか勢いが戻らないかな。大けがしてたから仕方ないけども、少し寂しい。

記事クリップ。
クローゼ、バイエルンを救う
クリンスマン:「ホッフェンハイムの近くにいる」
クローゼ、ゴールを決めることを信じる
フンメルス、BVBに完全移籍
posted by sei at 11:06 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用

2009/02/03(Tue)

ブンデス HSV gegen バイエルン(含Kicker評価)

kickerData
■HSV
Torwart F. Rost (2)
Demel (3), B. Reinhardt (3), Mathijsen (3), Jansen (2,5)
Jarolim (2,5), Benjamin (3)
Pitroipa (3), Trochowski (2)
Guerrero (3)
Petric (2)
Trainer: Jol

64. J. Boateng für B. Reinhardt

Gelbe Karten Benjamin、Pitroipa、J. Boateng、Demel

■バイエルン
Torwart レンジング(5)
レル(3), ルシオ(2,5), デミケリス(3), ラーム(2,5)
ファンボメル(3), ゼ(4)
シュバインシュタイガー(3,5), リベリ(4,5)
クローゼ(4,5), トニ(3,5)
Trainer: クリンスマン

65. ハミト・アルティントップ für レル
70. ボロウスキー für ゼ
77. ドノバン für シュバインシュタイガー

Gelbe Karten デミケリス、ファンボメル

Tore 44' ペトリッチ(1-0)(Kopfball, Vorarbeit Jarolim)

Anstoß: 30.01.2009 20:30
Stadion: HSH-Nordbank-Arena
Zuschauer: 57000 (ausverkauft)
Spielnote: 2
Chancenverhältnis: 8:9
Eckenverhältnis: 5:7

Schiedsrichter: Kircher (Rottenburg), Note 4,5 - der intensive und schwer zu leitende Fight stellte das Gespann vor Probleme: Falsch war der Pfiff vor Tonis Tor bei dessem Zweikampf mit Reinhardt (29.), ebenso der Abseitspfiff gegen Guerrero (65.). Nicht zweifelsfrei zu erkennen war, ob Kloses Kopfball (47.) vollständig die Linie überschritten hatte.

Spieler des Spiels: トロコウスキー
Das Spiel entschieden hat Petric, die Partie geprägt aber hat Trochowski, er war giftig, trickreich und suchte oft den Abschluss.

■というわけで後半戦開始早々負けているバイエルンです!ダメじゃん。この間の試合はあんなに調子よかったのに。しても一得点も出来ていないとは何事ですか。勘弁して下さい。だから攻撃陣の点の低いこと低いこと。加えてレンジングも低いのは、ひょっとして一失点は彼の問題だったんでしょうかというかんじ。他の守備陣はいいし。休み明けでだらけたんでしょうか。いやでもこの間のDFBカップのはいいしね。映像見てないはよく分かんないねコレは。そろそろ番組表をきちんと見る事を再開しないとかも。
と書いていて思いだしたけど、DFBカップの試合は、レンジングの出番自体が殆どなかったんだったっけ。ダメじゃん。

記事クリップ。
FCB、南北対決に敗れる
「避けることのできた敗戦」
ルンメニゲ、クリンシ、ファンボメル、ラーム、ヨル監督のコメント。

開幕戦黒星、大したことではない
なんとなく誤審の気配?Kickerの評価も4.5だから、ちょっとアレだったのかもしれません。いずれにしろ文句ない得点がその後出来なかったっていうのは問題ではあると思うけども……。というのは多分、試合を見てないから言える台詞かも。

FCB、敵地バイヤー・レヴァークーゼンで対戦
アウェーですか。どうかな。


以下移籍とか。
クロース、レヴァークーゼンにレンタル移籍
今のままだと出番が少なすぎて勿体ないと思っていたのでいいかんじ。レンタルだしね。でも最近レンタル出してそのまんま完全移籍とかけつこうあったので要注意という気も。

サニョール引退、だが「心はここにある」
お疲れ様でしたお疲れ様でした。今朝UEFAのほうにも出ていたので、なんで今更?と思ったけれども公式発表はまだだったのね。とにかく寂しいです。怪我でっていうのは本当に寂しい。仕方ないだろうけれども、本当に寂しい。今までありがとう。

補強ティモシュチュク ヘーネス:「われわれは合意に達した」
こう来たか。バイエルンでようこそいらっしゃしまし。懐かしいネタ。
posted by sei at 09:29 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用

2009/01/30(Fri)

DFBポカール シュツットガルトgegenバイエルン(含Kicker評価)

kickerData
■シュツットガルト
Torwart Lehmann (4,5)
Osorio (5), Tasci (5), Delpierre (5,5), Boka (6)
Khedira (5), Hitzlsperger (5,5)
Hilbert (6), Bastürk (6), Simak (4)
Gomez (5)
Trainer: Babbel

46. Marica (3,5) für Hilbert
58. Lanig (4,5) für Bastürk

Gelbe Karten:バシトゥルク

■バイエルン
Torwart レンジング(3)
レル(2,5),ルシオ(2), デミケリス(2), ラーム(2)
ファンボメル(3), ゼ (1,5)
シュバインシュタイガー(1), リベリ(2)
トニ(1), クローゼ(3)

Trainer: Klinsmann

46. オットル(3) für ファンボメル
59. ハミト・アルティントップ(3) für シュバインシュタイガー
67. ドノバン für トニ

Gelbe Karten:デミケリス、トニ、リベリ

Tore 14' シュバインシュタイガー (0-1)(Rechtsschuss)
16' リベリ(0-2)(Linksschuss, Toni)
43' トニ (0-3)(Rechtsschuss, Ribery)
55' シュバインシュタイガー (0-4)(Foulelfmeter, Rechtsschuss, Zé Roberto)
59' ゼ (0-5)(Linksschuss, Toni)
84' ゴメス (1-5)(Rechtsschuss, Lanig)

Anstoß: 27.01.2009 20:30
Stadion: Mercedes-Benz-Arena
Zuschauer: 55500 (ausverkauft)
Spielnote: 2
Chancenverhältnis: 6:10
Eckenverhältnis: 5:3
Bes. Vorkommnis: Lehmann hält Handelfmeter von Ribery (21.)

Schiedsrichter: Fandel (Kyllburg), Note 2,5 - insgesamt sicher, hätte Hilbert nach Frustfoul an Zé Roberto mindestens Gelb geben müssen (37.), beim ersten Elfmeter lag wohl keine Absicht Bokas beim Handspiel vor, also eher falsch; der zweite korrekt.

Spieler des Spiels: トニ

■めでたいのでとりあえずデータだけでも拾い出しておこうかなと。いうわりには遅いけど。しょうがないのよまだ出先なんだもの。出張中なんだもの。

ま、とにかくめでたいです。調子いいです。相手シュツットガルトだし。こないだ引き分けちゃったところだし。goddamn。一失点も、まあもういーやとかいう状態でしょうコレはたぶん。そういうのは良くないといえば良くないけどまあコレはいいや。
そしてなんといっても、トニとシュバが神採点です!なんかすごい。更にゼも1.5だし他も2〜3。一番悪くて3。レンジングが3ってことは出番がなかったとみていいんでしょうか。

ま、とにかくめでたいです。

記事クリップ。
FCB、カップ戦準々決勝進出
読むと、本当に上にかいたまんまっぽいです。先に読めば良かった。慌てて探しにいったものだから。

準々決勝進出のコメント
ウリ・クリンシ・ラーム・シュバ・バッベル監督のコメント。

バイエルン、方向性を示す
お気に入りのスタジアムで再び大活躍

ゼ・ロベルト、全盛期を迎える
せっかくのゼの記事なのでPickUp。

2012年欧州CL決勝、アリアンツ・アレーナで開催
なんとなくめでたいのでPickUp。
posted by sei at 17:40 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用

2008/12/16(Tue)

ブンデス シュツットガルトgegenバイエルン(含Kicker評価)

kickerData
■シュツットガルト
Torwart Lehmann (3)
Osorio (3,5), Tasci (3), Delpierre (3), Träsch (4,5)
Khedira (1), Hitzlsperger (2)
Hilbert (4), Simak (3,5)
Marica (4), Cacau (4)
Trainer: Babbel

33. Gomez (4) für Marica
76. Bastürk für Simak
81. Schieber für Hilbert

Gelbe Karten Tasci、Delpierre

■バイエルン
Torwart レンジング(4)
オッド(4,5), ルシオ(3), デミケリス(2), ラーム(2)
ファンボメル(4), ゼ(4)
シュバインシュタイガー(4,5), ボロウスキー(2,5)
クローゼ(4), トニ(2)
Trainer: クリンスマン

73. ハミト・アルティントップ für シュバインシュタイガー
76. オットル für ボロウスキー
87. ファンブイテン für トニ

Rote Karten 85' オッド(grobes Foulspiel)
Gelbe Karten ルシオ、ファンボメル、クローゼ

Tore 45+1' Khedira (1-0)(Kopfball, Vorarbeit Delpierre)
48' Borowski (1-1)(Linksschuss, Schweinsteiger)
66' Toni (1-2)(Rechtsschuss, Borowski)
90+1' Khedira (2-2)(Rechtsschuss)

Anstoß: 13.12.2008 15:30
Stadion: Mercedes-Benz-Arena
Zuschauer: 55896 (ausverkauft)
Spielnote: 2
Chancenverhältnis: 6:4
Eckenverhältnis: 5:1

Schiedsrichter: Kinhöfer (Herne), Note 3,5 - falsche Abseitsentscheidung, als Borowski allein vor Lehmann stand (7.), dafür stand Klose beim 1:1 im Abseits, hätte Demichelis wegen Handspiels Gelb geben müssen (22.), trotzdem in einem Spiel der schwierigsten Kategorie mit souveräner Körpersprache, gab Oddo zu Recht Rot und ließ vieles gut laufen.

Spieler des Spiels: Khedira, Sami
Schob permanent an, passsicher, zweikampf- und kopfballstark. Ungemein präsent, zudem zwei tolle Tore.

■この大一番で引き分けだなんて……!と思ったけど、結果データで見ると……まあ言いたいことはあるけど見てないので余計な事は書かないでおきます。でも勝っていれば秋の王者になれたのにと思うととてもとても勿体ないのです。ま、リベリ出てないしね。って彼にそんなに左右されるんかいと言われたら、凄く左右されると思います。そりゃあもうかなり。偉大なりリベリ。チームとしてそれでいいのかって話もありますが。
今下手な事を書けないのは、私が実は今になってCLの試合を片っ端から見ていること、それによって内容が混ざってしまっていること、というのがあるからです。ダメそう。CL、バイエルンの皆色々と頑張ってるよね。混ざってないのはそれぞれの試合のデータに書き足そうかな、と思ってるところだけどあんまり自信ないです。その試合じゃないわとか言われそうだし。

でもコレのせいです、今回ウッカリラームの写真を選んでしまったのは。最近彼試合中の表情がすごく集中して険しい顔になるようになってきて、大人の顔になってきた(元々大人です)と思ってたら、一緒に見てた身内に「サイラー(ドラマ「HEROES」)に似てるね」と言われて、ラームはかわいいのにアレに似てるなんて……!と愕然として、でもよく似てるなと本気で思ったのが印象深かったからです。ゴメン。やっぱ似てるねこの写真見ても。目元ソックリ。

記事クリップ。
FCB、シュトゥットガルトでも勝利を目指す
というわけでリベリはCLで肩を痛めたので出られませんでした。レルもまだインフルエンザ。でもハミトが復帰したしね。まだ彼もしばらくリハビリ期間だろうけど。あとゼ&ルシオも戻ったし。

10人のバイエルン、白星を手放す
シュトゥットガルト戦引分けのコメント
ベッケンバウアー、ウリ、クリンシ、ボロウスキー、バベル監督のコメント。

ボロフスキー、前期戦ポジティブな個人成績
ボロウスキーはいい所で活躍してくれるのがまた素晴らしいと思います。CLとかの大事な試合で何故か得点決めるよねこの人。そういう印象があります。しかも今のところ怪我してないんじゃあ。これまた考えられなかったことです。素晴らしい。
個人的にはブットも見たいけど、だからといってレンジングに怪我とかをしてもらいたいわけではないのが困るね。若いからあんまりローテとかも必要ないだろうし。

シュヴァイニー、2012年まで契約延長
無事に終了。これでもう少し安定するかな。なんかここんとこ不安定なかんじだし。不安定というか、なんだろ、このままだとまたスタメン落ちすると思うんだけど。ハミトが元気になったら。

FCB、間もなくの決断を望む
残りの、決まってない皆さん、らしい。私はこのへんは話が出てきてからしか、そういや契約そんなんだったっけ、と思うタイプなのでダメダメなのですが。ゼの動向くらいしか分かってないし。ゼには残って欲しいけど、ただ、後期にも後釜考えないと!というか、育てないと!……というのは去年から皆がずっと言ってる話だけど、ゼが偉大すぎてそう簡単に次は出ないわって話もないではないんだった。ものすごく個人的意見でした。
posted by sei at 10:49 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用

2008/12/11(Thu)

CL リヨンgegenバイエルン(含Kicker評価)

kickerData
■リヨン
Torwart Lloris (4)
Gassama (5), Mensah (5), Boumsong (5), Grosso (4,5)
Toulalan (3), Makoun (4)
Govou (3), Ederson (3), Mounier (3,5)
Benzema (2)
Trainer: Puel

64. Fred fu:r Mounier
64. Ka:llstro:m fu:r Gassama
77. Delgado fu:r Ederson

Gelbe Karten Grosso、Gassama

■バイエルン
Torwart レンジング(1,5)
オッド(3,5)、デミケリス(3,5)、ファンブイテン(4)、ラーム(3)、
ファンボメル(3)、ボロウスキー(4)、
シュバインシュタイガー(3,5)、リベリ(1)、
クローゼ(1)、トニ(3)
Trainer: クリンスマン

69. オットルfu:r クローゼ
88. ハミト・アルティントップ fu:r シュバインシュタイガー
90. + 3 ブレーノ fu:r オッド

Gelbe Karten ボロウスキー、ファンボメル、ラーム、オットル

Tore 12' クローゼ(0-1)(12., Rechtsschuss)
34' リベリ (0-2)(34., Rechtsschuss, Toni)
37' クローゼ (0-3)(37., Rechtsschuss, Ribery)
52' Govou (1-3)(52., Rechtsschuss, Ederson)
68' Benzema (2-3)(68., Rechtsschuss)

Anstoß: 10.12.2008 20:45
Stadion: Gerland
Zuschauer: 38349
Spielnote: 2
Chancenverhältnis: 9:6
Eckenverhältnis: 9:4

Schiedsrichter: Webb (England), Note 2 - mit klarer Linie und dadurch ohne Probleme.

Spieler des Spiels: リベリ
Wie immer lief bei Bayern alles über ihn. In seiner Heimat war er an allen drei Toren beteiligt und somit verantwortlich für den Sieg.


■やったー!
というわけでウッカリKickerの評価が出ていないのにデータを拾いに行ってしまいました。二度手間。
ま、後半がんがん攻め込まれたりしていますが、レンジングもミーチョもよく止めたみたいだし。二失点はまあ良しとしましょうか。エラソウ。ま、アウェーで買ったしね。ある意味ちょっとばかり消化試合でないこともなかったけど特に流してもいないようだから良し。更にエラソウ。ゴメン。
しかしゼとルシオがいません!かなり揃ったんじゃなかったっけ。おかしいな。この後ニュース漁ってきます。代わりにハミトが復帰してるのはめでたいけども。

評価が出ての追記。
厳しいなと思います。いくらその後頑張っていようとも、失点したのは事実だから、っていう採点でしょコレ。守備陣大変。とはいえ得点した皆さんの評価は流石。

記事クリップ。
FCB、欠場者続出のなかリヨンへ
というわけでゼは筋肉の問題、ルシオは風邪。まあたいしたことなさそうで良かったです。レルは病気って、いつものお約束のインフルエンザかなんか?

FCB、首位で16強進出
リヨン戦勝利のコメント
ルンメニゲ、ウリ、ベッケンバウアー、クリンシ、ラーム、レンジング、シュバインシュタイガーのコメント。多いなあ。

FCB、16強で「難敵」と激突か
ま、CLともなると殆どどこと当たっても強敵で大変なわけだから、もう今更という気がします。

スポーツナビ|バイエルンのリベリー「勝負を分ける存在となれてうれしい」
スポーツナビ|リヨン、追い上げも実らずバイエルンに2−3で惜敗
スポーツナビ|シュバインシュタイガー、2012年までバイエルンとの契約延長か
posted by sei at 21:21 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用

2008/12/09(Tue)

ブンデス バイエルンgegenホッフェンハイム(含Kicker評価)

kickerData
■バイエルン
Torwart レンジング(2,5)
オッド(3,5), ルシオ(1,5), ファンブイテン(3), ラーム(1,5)
ファンボメル(2,5), ゼ(2,5)
シュバインシュタイガー(5), リベリ(3,5)
トニ(2,5), クローゼ(4)
Trainer: クリンスマン

61. ボロウスキー fu:r シュバインシュタイガー

Gelbe Karten ゼ、レンジング、ボロウスキー

■ホッフェンハイム
Torwart D. Haas (3)
Beck (2), Jaissle (3), Compper (2), Ibertsberger (4)
Luiz Gustavo (3)
Weis (1,5), Carlos Eduardo (3,5)
Obasi (2,5), Ba (4)
Ibisevic (3)
Trainer: Rangnick

74. Salihovic fu:r Obasi
90. + 2 Vorsah fu:r Carlos Eduardo

Gelbe Karten Ba、Obasi、Beck

Tore 49' Ibisevic (0-1)(Rechtsschuss, Vorarbeit Weis)
60' ラーム(1-1)(Rechtsschuss)
90+2' トニ(2-1)(Rechtsschuss)

Anstoβ: 05.12.2008 20:30
Stadion: Allianz-Arena
Zuschauer: 69000 (ausverkauft)
Spielnote: 1,5
Chancenverha:ltnis: 7:5
Eckenverha:tnis: 3:4

Schiedsrichter: Meyer (Burgdorf), Note 2,5 - hatte die schwierig zu leitende Partie im Griff, nur kleinere Fehler: Toni ha:tte Gelb sehen mu:ssen, die Karten fu:r Ba und Borowski waren u:bertrieben.

Spieler des Spiels: ルシオ
Der Brasilianer stand sensationell, gewann 86 Prozent seiner Zweika:mpfe und war damit der beste Mann auf dem Platz.

■やったー!というか、なんか偉大なりトニ。凄い時間帯に決めてるし。いやホントに凄いです。ラームの同点弾もいいね。そして、そんな二得点にもかかわらずMVPがルシオなあたりもなんというか、意外、じゃなかった、素晴らしいです。どんな試合。評価も無茶苦茶いいし。ラームと並んでるし。そんなに頑張って止めたのかな。それとも攻撃の拠点になったか。
加えて言うと試合自体の評価もえらい高いんですが、面白かった?劇的ではある、かな。
いずれにしろバイエルンはこれで首位に並んだし、色々とめでたいのは確かです。しかしこの試合、ゲルペ大量に出てるね。ここんとこあんまり出なかった気がしてたけど。やっぱり盛り上がった?

記事クリップ。
トーニ、アレーナを歓喜の渦に巻き込む
「最もすばらしい勝利」
ブンデスリーガ頂上決戦のコメント
クリンシ、ファンボメル、ラーム、ラングニック監督のコメント。

アルティントップ、カムバックを飾る
揃って参りました。めでたい。

リベリー、フランス年間最優秀選手を受賞
これまためでたい。でも彼、単発だとホントに素晴らしいんだけど、フランス代表では今活躍するのは厳しいと思うわ。それが残念です。

スポーツナビ|バイエルンのヘーネスGM「ポドルスキは手放さない」
まあ、彼には申し訳ないんだけど、チームの事情としてはよく分かる話。そして第三になってしまうのはわりと本人の責任。だと思う。でも厳しいよね実際のところ。

……何をやっているんでしょうかコレは。でも実際なんかやってる写真はトニのしかなくてちょっとガッカリ。
posted by sei at 21:44 | TrackBack(0) | バイエルン(2008-) | 管理用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。